和歌山県かつらぎ町の帯庄酒造合資会社が昭和元年(推定)に醸造の川上酒の顔とも言われたお酒の銘柄です。「県外へのお土産として和歌山県庁が使っていた」「1900年に開催されたパリ万博で出品されていた」、「珍しい名前からテレビのクイズ番組で紹介された」などのエピソードがあります。
帯庄酒造合資会社の廃業で「酔人日」は幻の酒となりましたが、紀州川上酒再興のシンボルとして当社が引き継ぎ、開発を重ね、復刻版「酔人日」として蘇らせました。
原料として高野山の麓、天野地域で育てられた山田錦を40%まで磨き、川上酒伝統の手法で酔人日を醸造しました。
「華やかであるが落ち着きのあるスイトピーのようなお酒」
奥ゆきのある旨みに華やかであるが落ち着きのある香り、米の旨味が広がる濃醇な味わいです。

【日本酒 地酒】酔人日 大吟醸 720ml 木箱セット

価格: ¥5,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

shop店長

こんにちは!初桜酒造のネット担当の笠勝です。

SHOPのご案内や、身近な出来事、お客様のご興味のありそうな情報などをご紹介してまいります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

インターネットSHOPの休業日。メールの返信や商品の発送が遅れる場合がございます。ご了承くださいますようお願い申し上げます。

直営店は毎日営業しております。商品によって、店舗ではお得な価格設定になっているものもございます。是非一度お立ち寄りください。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ